IDempiereの枠組み

提供: iDempiere ja
ナビゲーションに移動 検索に移動

> 日本語 - メインページ > iDempiere概要 > iDempiereの枠組み


IDempiereの枠組み.jpg

  iDempiereの枠組みとして、一番大きな枠組みは「クライアント(Client)」である。クライアントは、データベース(以下、DB)上に複数作成できる。クライアントの業務的な意味合いは、 iDempiereを単一企業で導入する場合は”会社”とし、複数企業で導入する場合は”企業グループ”とするのが一般的である。


  1つのDBの中にクライアントを複数作成して運用するケースは通常、クラウド上でSaaSによりiDempiereをサービス提供する場合である。SaaSの性格上、複数の企業がサービスを利用する事を想定しており、iDempiereではクライアントを分けて管理できるようになっている。同じDB上であっても企業間で互いに同じDBを共有している事はわからないような仕様になっており、クライアント間では、基本的にマスタ類やトランザクションデータは互いに参照できないにようになっている(※一部のマスタを除く)。


  クライアントの次に大きな枠組みとして「組織(Organization)」がある。組織は必ず1つのクライアントに所属する事になる。組織は複数作成し、階層構造化して管理する事ができる。 iDempiereを単一企業で導入する場合組織は文字通り“組織”として事業部や部署を表し、企業グループで導入する場合は”会社”とするのがよく行われる1つの運用パターンである。組織間であれば、権限設定に基づいてマスタを共有したり、トランザクションデータを参照できる。そして、組織間取引が行え、本支店会計の仕訳も起票される。


  iDempiereを企業グループで導入する場合、会社内部のセグメント情報(事業部や部署、店舗など)は、「取引組織(Trx Organization )」を使用する。


  このクライアントと組織と取引組織をiDempiereの運用上どのように定義するかは、導入初期に行う事になる。品目の在庫管理を行う場合は、さらに「倉庫(Warehouse)」や「保管場所( Locator )」の定義も合わせて行う。


  iDempiereでは、基本的にすべてのレコードにクライアントと組織の情報を保持するようになっており、レコードがどのクライアントのどの組織に属するものなのか明確にする仕様になっている。組織間で共有するマスタについては特別に組織情報が”*(アスタリスク)”となり、組織間で共有しているマスタである事がわかるようになっている。トランザクションデータは、その責任の所在を明確にする必要があるため、組織情報が”*(アスタリスク)”になる事は無い。またクライアント情報も空欄(Null)になるような事は無い。



iDempiereとは


iDempiereの業務機能概要


iDempiereの開発手法概要