スケジューラ (ウィンドウ ID-305)

提供: iDempiere ja
Jump to navigation Jump to search



ウィンドウ: スケジューラ

説明: Maintain Schedule Processes and Logs

助ける: Schedule processes to be executed asynchronously



TAB: スケジュールプロセス

説明: スケジュールの処理です。


助ける スケジュールは、非同期で実行されるために処理します。


ファイル:スケジューラ - スケジュールプロセス - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Name 名前 Alphanumeric identifier of the entity The name of an entity (record) is used as an default search option in addition to the search key. The name is up to 60 characters in length. Name
character varying(60) NOT NULL
String
Description 説明 レコードの任意の短い説明です。 説明は、255文字に制限されます。 Description
character varying(255)
String
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No
Process プロセス プロセスまたはレポートです。 プロセスフィールドはシステム内のプロセスまたはレポートを特定します。 AD_Process_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Schedule Schedule null null AD_Schedule_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Ignore Processing Time Ignore Processing Time Do not include processing time for the DateNextRun calculation When this is selected, the previous DateNextRun is always use as the source for the next DateNextRun calculation. IsIgnoreProcessingTime
character(1)
Yes-No
Supervisor 監督 Supervisor for this user/organization - used for escalation and approval The Supervisor indicates who will be used for forwarding and escalating issues for this user - or for approvals. Supervisor_ID
numeric(10) NOT NULL
Table
Days to keep Log ログ保有日数 Number of days to keep the log entries Older Log entries may be deleted KeepLogDays
numeric(10) NOT NULL
Integer
Date last run 最終実行日付 Date the process was last run. The Date Last Run indicates the last time that a process was run. DateLastRun
timestamp without time zone
Date+Time
Date next run 次回実行日 Date the process will run next The Date Next Run indicates the next time this process will run. DateNextRun
timestamp without time zone
Date+Time
Table テーブル フィールドの情報が入ったテーブルです。 テーブルは、フィールドが存在するテーブルを示しています。 AD_Table_ID
numeric(10)
Table Direct
Record ID レコードID Direct internal record ID The Record ID is the internal unique identifier of a record. Please note that zooming to the record may not be successful for Orders, Invoices and Shipment/Receipts as sometimes the Sales Order type is not known. Record_ID
numeric(10)
Integer
Process Now すぐに処理する null null Processing
character(1)
Button




TAB: パラメータ

説明: スケジューラパラメータです。


助ける 予定されたプロセスにパラメータを提供します。


ファイル:スケジューラ - パラメータ - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Scheduler スケジューラ Schedule Processes Schedule processes to be executed asynchronously AD_Scheduler_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Process Parameter プロセス・パラメータ null null AD_Process_Para_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No
Default Parameter デフォルトパラメータ Default value of the parameter The default value can be a variable like @#Date@ ParameterDefault
character varying(255)
String
Description 説明 レコードの任意の短い説明です。 説明は、255文字に制限されます。 Description
character varying(255)
String




TAB: スケジューラ受取人

説明: スケジューラ通知の受取人です。


助ける 通知をユーザーか役割に送ることができます。


ファイル:スケジューラ - スケジューラ受取人 - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Scheduler Recipient スケジューラ受取人 Recipient of the Scheduler Notification You can send the notifications to users or roles AD_SchedulerRecipient_ID
numeric(10) NOT NULL
ID
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Scheduler スケジューラ Schedule Processes Schedule processes to be executed asynchronously AD_Scheduler_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No
User/Contact ユーザー/連絡先 システムの中のユーザーです。内部のユーザー、ビジネスパートナーです。 ユーザーはシステムで一意に決まるユーザーを特定します。これは、内部のユーザー、またはビジネスパートナーです。 AD_User_ID
numeric(10)
Search
Role 役割 ログイン権限を表します。 役割はセキュリティ、およびアクセス権限を決定するために使われます。 AD_Role_ID
numeric(10)
Table Direct




TAB: ログ

説明: スケジューラログです。


助ける スケジューラの実行の結果です。


ファイル:スケジューラ - ログ - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Scheduler スケジューラ Schedule Processes Schedule processes to be executed asynchronously AD_Scheduler_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Created 作成日 このレコードが作成された日付です。 作成日フィールドはこのレコードが作成された日付を示します。 Created
timestamp without time zone NOT NULL
Date+Time
Summary 概要 Textual summary of this request The Summary allows free form text entry of a recap of this request. Summary
character varying(2000)
Text
Error エラー An Error occured in the execution null IsError
character(1) NOT NULL
Yes-No
Reference 参照 Reference for this record The Reference displays the source document number. Reference
character varying(60)
String
Text Message テキストメッセージ Text Message null TextMsg
character varying(2000)
Text
Description 説明 レコードの任意の短い説明です。 説明は、255文字に制限されます。 Description
character varying(255)
String


Contributions / Posts