複製戦略 (ウィンドウ ID-285)

提供: iDempiere ja
Jump to navigation Jump to search



ウィンドウ: 複製戦略

説明: Maintain Data Replication Strategy

助ける: The Data Replication Strategy determines which tables and how they are replicated. Note that the migration does not syncronize Application Dictionary items.



TAB: 複製方針

説明: データ複製の戦略です。


助ける データ複製方針は、どのテーブルをどのように複製するかを決定します。データ移行はアプリケーション辞書の項目とは同期しないことに注意してください。


ファイル:複製戦略 - 複製方針 - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Search Key 検索キー Search key for the record in the format required - must be unique A search key allows you a fast method of finding a particular record.

If you leave the search key empty, the system automatically creates a numeric number. The document sequence used for this fallback number is defined in the "Maintain Sequence" window with the name "DocumentNo_<TableName>", where TableName is the actual name of the table (e.g. C_Order).

Value
character varying(40)
String
Name 名前 Alphanumeric identifier of the entity The name of an entity (record) is used as an default search option in addition to the search key. The name is up to 60 characters in length. Name
character varying(60) NOT NULL
String
Description 説明 レコードの任意の短い説明です。 説明は、255文字に制限されます。 Description
character varying(255)
String
Comment/Help コメント/ヘルプ コメントまたはヒント ヘルプフィールドは、この項目の使用に関してヒント、コメントまたはヘルプを含んでいます。 Help
character varying(2000)
Text
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No
Entity Type 実体タイプ Dictionary Entity Type; Determines ownership and synchronization The Entity Types "Dictionary", "Adempiere" and "Application" might be automatically synchronized and customizations deleted or overwritten.

For customizations, copy the entity and select "User"!

EntityType
character varying(40) NOT NULL
Table
Export Processor Export Processor null null EXP_Processor_ID
numeric(10)
Table Direct




TAB: 複製テーブル

説明: データ複製方針のテーブル情報です。


助ける テーブルがどのように複製されるかを決定します。ローカルテーブルに完全にアクセスする手段を持っていて、参照テーブルはリモートシステムの上にあり、読み取り専用です。リモートシステムの上の結合テーブルに関するデータは、中央システムにコピーされます。


ファイル:複製戦略 - 複製テーブル - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Replication Strategy 複製戦略 Data Replication Strategy The Data Replication Strategy determines what and how tables are replicated AD_ReplicationStrategy_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Table テーブル フィールドの情報が入ったテーブルです。 テーブルは、フィールドが存在するテーブルを示しています。 AD_Table_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No
Description 説明 レコードの任意の短い説明です。 説明は、255文字に制限されます。 Description
character varying(255)
String
Replication Type 複製タイプ Type of Data Replication The Type of data Replication determines the directon of the data replication.

Reference means that the data in this system is read only ->
Local means that the data in this system is not replicated to other systems -
Merge means that the data in this system is synchronized with the other system <->

ReplicationType
character(1) NOT NULL
List
Entity Type 実体タイプ Dictionary Entity Type; Determines ownership and synchronization The Entity Types "Dictionary", "Adempiere" and "Application" might be automatically synchronized and customizations deleted or overwritten.

For customizations, copy the entity and select "User"!

EntityType
character varying(40) NOT NULL
Table




TAB: Replication Document

説明: null


助ける null


ファイル:複製戦略 - Replication Document - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Replication Strategy 複製戦略 Data Replication Strategy The Data Replication Strategy determines what and how tables are replicated AD_ReplicationStrategy_ID
numeric(10) NOT NULL
ID
Document Type ドキュメントタイプ ドキュメントのタイプまたはルールです。 ドキュメントタイプはドキュメント連続番号と処理ルールを決定します。 C_DocType_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Table テーブル フィールドの情報が入ったテーブルです。 テーブルは、フィールドが存在するテーブルを示しています。 AD_Table_ID
numeric(10) NOT NULL
Search
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No
Description 説明 レコードの任意の短い説明です。 説明は、255文字に制限されます。 Description
character varying(255)
String
Replication Type 複製タイプ Type of Data Replication The Type of data Replication determines the directon of the data replication.

Reference means that the data in this system is read only ->
Local means that the data in this system is not replicated to other systems -
Merge means that the data in this system is synchronized with the other system <->

ReplicationType
character(1) NOT NULL
List


Contributions / Posts