役割 (ウィンドウ ID-111)

提供: iDempiere ja
Jump to navigation Jump to search



ウィンドウ: 役割

説明: ユーザーの権限をメンテナンスします。

助ける: 役割ウィンドウは、このシステムのユーザーが持っている異なった役割を定義します。役割はウィンドウ、タスク、レポートなどへのアクセスを制御します。クライアントに関しては、管理者とユーザーの役割は事前に定義されます。特定の機能またはデータへアクセス出来るようにするために役割を加えることができます。役割にはユーザーを加えることができます。このアクセス情報はキャッシュされます。設定を有効にするには再ログインかリセットを必要とします。



TAB: 役割

説明: 責任の役割を定義します。


助ける 役割およびアクセス先の組織を定義して追加します。ユーザーがウィンドウ、フォーム、プロセス、およびレポートに対するアクセスする権限(役割)を、タスクと同様に設定できます。
役割ユーザーレベルが手動の場合は、自動的に割り当てられたアクセス権限は更新されません。(例えば、役割にウィンドウ、プロセスの制限数があっても、アクセスできます) 役割がすべての組織に対するアクセス権限を持っていないなら、組織アクセスを追加する必要があります。特権ユーザーと新しい役割を作成するユーザーは、自動的に役割に割り当てられます。
組織ツリーを選択すると、ユーザーは概要組織の下層ディレクトリにアクセス出来ます。 注意:システム管理者の役割を変えることができません。


ファイル:役割 - 役割 - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Name 名前 Alphanumeric identifier of the entity The name of an entity (record) is used as an default search option in addition to the search key. The name is up to 60 characters in length. Name
character varying(60) NOT NULL
String
Description 説明 レコードの任意の短い説明です。 説明は、255文字に制限されます。 Description
character varying(255)
String
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No
User Level ユーザーレベル System Client Organization The User Level field determines if users of this Role will have access to System level data, Organization level data, Client level data or Client and Organization level data. UserLevel
character(3) NOT NULL
List
Manual マニュアル This is a manual process The Manual check box indicates if the process will done manually. IsManual
character(1) NOT NULL
Yes-No
Master Role Master Role A master role cannot be assigned to users, it is intended to define access to menu option and documents and inherit to other roles null IsMasterRole
character(1) NOT NULL
Yes-No
Currency 通貨 このレコードのための通貨です。 このレコードに関して処理するか、または報告するとき、使用される通貨を示します。 C_Currency_ID
numeric(10)
Table Direct
Approval Amount 承認数量 この役割のための承認数量の限度です。 承認数量フィールドは、この役割がドキュメントの承認のために持っている数量の限界を示します。 AmtApproval
numeric
Amount
Days Approval Accumulated Days Approval Accumulated The days approval indicates the days to take into account to verify the accumulated approval amount. The Days Approval Accumulated field indicates the days to take into account to verify the accumulated approval amount. DaysApprovalAccum
numeric(10)
Integer
Approval Amount Accumulated Approval Amount Accumulated The approval amount limit for this role accumulated on a period The Approval Amount field indicates the amount limit this Role has for approval of documents within a period limit. AmtApprovalAccum
numeric
Amount
Approve own Documents 所有するドキュメントを承認 Users with this role can approve their own documents If a user cannot approve their own documents (orders, etc.), it needs to be approved by someone else. IsCanApproveOwnDoc
character(1) NOT NULL
Yes-No
UserDiscount UserDiscount null null UserDiscount
numeric(22,2)
Number
Supervisor 監督 Supervisor for this user/organization - used for escalation and approval The Supervisor indicates who will be used for forwarding and escalating issues for this user - or for approvals. Supervisor_ID
numeric(10)
Search
Menu Tree メニューツリー メニューの木構造です。 メニューアクセスツリーです。 AD_Tree_Menu_ID
numeric(10)
Table
Overwrite Price Limit 価格制限上書き Overwrite Price Limit if the Price List enforces the Price Limit The Price List allows to enforce the Price Limit. If set, a user with this role can overwrite the price limit (i.e. enter any price). OverwritePriceLimit
character(1) NOT NULL
Yes-No
Preference Level 設定レベル Determines what preferences the user can set Preferences allow you to define default values. If set to None, you cannot set any preference nor value preference. Only if set to Client, you can see the Record Info Change Log. PreferenceType
character(1) NOT NULL
List
Maintain Change Log 変更ログをメンテナンス Maintain a log of changes If selected, a log of all changes is maintained. IsChangeLog
character(1) NOT NULL
Yes-No
Show Accounting 会計を表示 Users with this role can see accounting information This allows to prevent access to any accounting information. IsShowAcct
character(1) NOT NULL
Yes-No
Access all Orgs すべての組織にアクセス Access all Organizations (no org access control) of the client When selected, the role has access to all organizations of the client automatically. This also increases performance where you have many organizations. IsAccessAllOrgs
character(1) NOT NULL
Yes-No
Organization Tree 組織ツリー 組織階層を決定する木構造です。 ツリーは(会計)報告とセキュリティアクセスに使用されます。(役割を通して) AD_Tree_Org_ID
numeric(10)
Table
Use User Org Access ユーザー組織アクセスを使用 Use Org Access defined by user instead of Role Org Access You can define the access to Organization either by Role or by User. You would select this, if you have many organizations. IsUseUserOrgAccess
character(1) NOT NULL
Yes-No
Can Report レポート可能 Users with this role can create reports You can restrict the ability to report on data. IsCanReport
character(1) NOT NULL
Yes-No
Can Export エクスポート可能 Users with this role can export data You can restrict the ability to export data from Adempiere. IsCanExport
character(1) NOT NULL
Yes-No
Personal Lock 個人ロック Allow users with role to lock access to personal records If enabled, the user with the role can prevent access of others to personal records. If a record is locked, only the user or people who can read personal locked records can see the record. IsPersonalLock
character(1) NOT NULL
Yes-No
Personal Access 個人アクセス Allow access to all personal records Users of this role have access to all records locked as personal. IsPersonalAccess
character(1) NOT NULL
Yes-No
Confirm Query Records クエリレコードを確認 Require Confirmation if more records will be returned by the query (If not defined 500) Enter the numer of records the query wil return without confirmation to avoid unnecessary system load. If 0, the system default of 500 is used. ConfirmQueryRecords
numeric(10) NOT NULL
Integer
Max Query Records 最大クエリレコード If defined, you cannot query more records as defined - the query criteria needs to be changed to query less records Enter the numer of records a user will be able to query to avoid unnecessary system load. If 0, no restrictions are imposed. MaxQueryRecords
numeric(10) NOT NULL
Integer
Connection Profile Connection Profile How a Java Client connects to the server(s) Depending on the connection profile, different protocols are used and tasks are performed on the server rather then the client. Usually the user can select different profiles, unless it is enforced by the User or Role definition. The User level profile overwrites the Role based profile. ConnectionProfile
character(1)
List
Auto expand menu Auto expand menu If ticked, the menu is automatically expanded null IsMenuAutoExpand
character(1) NOT NULL
Yes-No
Allow Info Account Allow Info Account null null Allow_Info_Account
character(1) NOT NULL
Yes-No
Allow Info Asset Allow Info Asset null null Allow_Info_Asset
character(1) NOT NULL
Yes-No
Allow Info BPartner Allow Info BPartner null null Allow_Info_BPartner
character(1) NOT NULL
Yes-No
Allow Info CashJournal Allow Info CashJournal null null Allow_Info_CashJournal
character(1) NOT NULL
Yes-No
Allow Info InOut Allow Info InOut null null Allow_Info_InOut
character(1) NOT NULL
Yes-No
Allow Info Invoice Allow Info Invoice null null Allow_Info_Invoice
character(1) NOT NULL
Yes-No
Allow Info Order Allow Info Order null null Allow_Info_Order
character(1) NOT NULL
Yes-No
Allow Info Payment Allow Info Payment null null Allow_Info_Payment
character(1) NOT NULL
Yes-No
Allow Info Product Allow Info Product null null Allow_Info_Product
character(1) NOT NULL
Yes-No
Allow Info Resource Allow Info Resource null null Allow_Info_Resource
character(1) NOT NULL
Yes-No
Allow Info Schedule Allow Info Schedule null null Allow_Info_Schedule
character(1) NOT NULL
Yes-No
Allow Info CRP Allow Info CRP null null Allow_Info_CRP
character(1) NOT NULL
Yes-No
Allow Info MRP Allow Info MRP null null Allow_Info_MRP
character(1) NOT NULL
Yes-No




TAB: 組織アクセス

説明: 役割の組織アクセスをメンテナンスします。


助ける ユーザーがアクセスするクライアントと組織を追加してください。組織アクセスが選択されているか、役割がすべてにアクセス可能ならば、ここでのエントリーは無視されます。
アクセス情報はキャッシュされるので、変更を有効にするには再ログインが必要です。


ファイル:役割 - 組織アクセス - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Role 役割 ログイン権限を表します。 役割はセキュリティ、およびアクセス権限を決定するために使われます。 AD_Role_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No
Read Only 読み取り専用 フィールドは読み取り専用です。 Read Onlyは、このフィールドが読み取りのみが出来ることを示します。これらは更新されません。 IsReadOnly
character(1) NOT NULL
Yes-No




TAB: ユーザー割当

説明: この役割のユーザーです。


助ける ユーザー割当タブは、この役割のために定義されたユーザーを表示します。


ファイル:役割 - ユーザー割当 - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Role 役割 ログイン権限を表します。 役割はセキュリティ、およびアクセス権限を決定するために使われます。 AD_Role_ID
numeric(10) NOT NULL
Search
User/Contact ユーザー/連絡先 システムの中のユーザーです。内部のユーザー、ビジネスパートナーです。 ユーザーはシステムで一意に決まるユーザーを特定します。これは、内部のユーザー、またはビジネスパートナーです。 AD_User_ID
numeric(10) NOT NULL
Search
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No




TAB: ウィンドウアクセス

説明: ウィンドウのアクセスです。


助ける ウィンドウのアクセスタブは、この役割(権限)に与えられたウィンドウとアクセスのタイプを定義します。


ファイル:役割 - ウィンドウアクセス - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Role 役割 ログイン権限を表します。 役割はセキュリティ、およびアクセス権限を決定するために使われます。 AD_Role_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Window ウィンドウ データエントリーか表示ウィンドウです。 ウィンドウフィールドは、システムで一意に決まるウィンドウを特定します。 AD_Window_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No
Read Write 読み書き可 フィールドは読み込み、書き込みが出来ます。。 読み書き可はこのフィールドが読み込み、書き込みが可能なことを示します。 IsReadWrite
character(1) NOT NULL
Yes-No




TAB: 処理アクセス

説明: 処理アクセスです。


助ける 処理アクセスタブは、この役割(権限)に与えらた処理とアクセスのタイプを定義します。


ファイル:役割 - 処理アクセス - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Role 役割 ログイン権限を表します。 役割はセキュリティ、およびアクセス権限を決定するために使われます。 AD_Role_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Process プロセス プロセスまたはレポートです。 プロセスフィールドはシステム内のプロセスまたはレポートを特定します。 AD_Process_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No
Read Write 読み書き可 フィールドは読み込み、書き込みが出来ます。。 読み書き可はこのフィールドが読み込み、書き込みが可能なことを示します。 IsReadWrite
character(1) NOT NULL
Yes-No




TAB: フォームアクセス

説明: フォームアクセスです。


助ける フォームアクセスタブは、この役割(権限)に与えらたフォームとアクセスのタイプを定義します。


ファイル:役割 - フォームアクセス - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Role 役割 ログイン権限を表します。 役割はセキュリティ、およびアクセス権限を決定するために使われます。 AD_Role_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Special Form 特別なフォーム Special Form The Special Form field identifies a unique Special Form in the system. AD_Form_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No
Read Write 読み書き可 フィールドは読み込み、書き込みが出来ます。。 読み書き可はこのフィールドが読み込み、書き込みが可能なことを示します。 IsReadWrite
character(1) NOT NULL
Yes-No




TAB: 作業フローアクセス

説明: 作業フローアクセスです。


助ける 作業フローアクセスタブは、この役割(権限)に与えらた作業フローとアクセスのタイプを定義します。


ファイル:役割 - 作業フローアクセス - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Role 役割 ログイン権限を表します。 役割はセキュリティ、およびアクセス権限を決定するために使われます。 AD_Role_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Workflow 作業フロー タスクの作業フロー、またはタスクの組み合わせです。 作業フローフィールドは、システムで一意に決まる作業フローを特定します。 AD_Workflow_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No
Read Write 読み書き可 フィールドは読み込み、書き込みが出来ます。。 読み書き可はこのフィールドが読み込み、書き込みが可能なことを示します。 IsReadWrite
character(1) NOT NULL
Yes-No




TAB: タスクアクセス

説明: タスクアクセス


助ける タスクアクセスタブは、タスクとアクセスタイプを定義します。


ファイル:役割 - タスクアクセス - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Role 役割 ログイン権限を表します。 役割はセキュリティ、およびアクセス権限を決定するために使われます。 AD_Role_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
OS Task OSタスク OSタスクです。 タスクフィールドは、システム内のOSタスクを特定します。 AD_Task_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No
Read Write 読み書き可 フィールドは読み込み、書き込みが出来ます。。 読み書き可はこのフィールドが読み込み、書き込みが可能なことを示します。 IsReadWrite
character(1) NOT NULL
Yes-No




TAB: Document Action Access

説明: Define access to document type / document action / role combinations.


助ける Define access to document type / document action / role combinations.


ファイル:役割 - Document Action Access - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Role 役割 ログイン権限を表します。 役割はセキュリティ、およびアクセス権限を決定するために使われます。 AD_Role_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Document Type ドキュメントタイプ ドキュメントのタイプまたはルールです。 ドキュメントタイプはドキュメント連続番号と処理ルールを決定します。 C_DocType_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Reference List 参照リスト テーブルに基づくリファレンスリストです。 参照リストフィールドは、データベーステーブルの参照リストの値を示しています。参照リストはデータエントリースクリーン内のドロップダウンリストボックスにあります。 AD_Ref_List_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No




TAB: Included roles

説明: null


助ける null


ファイル:役割 - Included roles - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Sequence 連続番号 Method of ordering records; lowest number comes first The Sequence indicates the order of records SeqNo
numeric(10) NOT NULL
Integer
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No
Role 役割 ログイン権限を表します。 役割はセキュリティ、およびアクセス権限を決定するために使われます。 AD_Role_ID
numeric(10) NOT NULL
Search
Included Role Included Role null null Included_Role_ID
numeric(10) NOT NULL
Table


Contributions / Posts