レポートビュー (ウィンドウ ID-180)

提供: iDempiere ja
Jump to navigation Jump to search



ウィンドウ: レポートビュー

説明: Maintain Report Views

助ける: The Report View Window defines the views used when generating reports. This window is for System Admin use only.



TAB: レポート表示

説明: レポート表示を定義します。


助ける レポート表示タブは、レポート作成で使用される表示を定義します。


ファイル:レポートビュー - レポート表示 - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Report View レポート表示 View used to generate this report The Report View indicates the view used to generate this report. AD_ReportView_ID
numeric(10) NOT NULL
ID
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Name 名前 Alphanumeric identifier of the entity The name of an entity (record) is used as an default search option in addition to the search key. The name is up to 60 characters in length. Name
character varying(60) NOT NULL
String
Description 説明 レコードの任意の短い説明です。 説明は、255文字に制限されます。 Description
character varying(255)
String
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No
Entity Type 実体タイプ Dictionary Entity Type; Determines ownership and synchronization The Entity Types "Dictionary", "Adempiere" and "Application" might be automatically synchronized and customizations deleted or overwritten.

For customizations, copy the entity and select "User"!

EntityType
character varying(40) NOT NULL
Table
Table テーブル フィールドの情報が入ったテーブルです。 テーブルは、フィールドが存在するテーブルを示しています。 AD_Table_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Sql WHERE SQL WHERE句 Fully qualified SQL WHERE clause The Where Clause indicates the SQL WHERE clause to use for record selection. The WHERE clause is added to the query. Fully qualified means "tablename.columnname". WhereClause
character varying(2000)
String
Sql ORDER BY Sql ORDER BY Fully qualified ORDER BY clause The ORDER BY Clause indicates the SQL ORDER BY clause to use for record selection OrderByClause
character varying(2000)
String




TAB: レポート表示カラム

説明: レポート表示カラム


助ける レポート表示カラムタブは、SQLのSELECT文で生成によって上書きされるカラムを定義します。


ファイル:レポートビュー - レポート表示カラム - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Report view Column ビューカラムレポート null null AD_ReportView_Col_ID
numeric(10) NOT NULL
ID
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Report View レポート表示 View used to generate this report The Report View indicates the view used to generate this report. AD_ReportView_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Column カラム テーブルのカラムです。 テーブルに関するデータベースカラムにリンクしてください。 AD_Column_ID
numeric(10)
Table Direct
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No
Function Column 機能カラム Overwrite Column with Function The Function Column indicates that the column will be overridden with a function FunctionColumn
character varying(60) NOT NULL
String
SQL Group Function SQL Group句 This function will generate a Group By Clause The SQL Group Function checkbox indicates that this function will generate a Group by Clause in the resulting SQL. IsGroupFunction
character(1) NOT NULL
Yes-No


Contributions / Posts