Depreciation Tables (ウィンドウ ID-53059)

提供: iDempiere ja
Jump to navigation Jump to search



ウィンドウ: Depreciation Tables

説明: Allows users to create multiple depreciation schedules

助ける: null



TAB: Depreciation Schedules

説明: null


助ける null


ファイル:Depreciation Tables - Depreciation Schedules - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Depreciation Code Depreciation Code null null A_Depreciation_Table_Code
character varying(20) NOT NULL
String
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No
Period/Yearly Period/Yearly null null A_Term
character varying(2) NOT NULL
List
Type Type null null A_Table_Rate_Type
character varying(2) NOT NULL
List
Description 説明 レコードの任意の短い説明です。 説明は、255文字に制限されます。 Description
character varying(510) NOT NULL
String




TAB: Depreciation Schedule Details

説明: null


助ける null


ファイル:Depreciation Tables - Depreciation Schedule Details - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Depreciation Code Depreciation Code null null A_Depreciation_Table_Code
character varying(20) NOT NULL
String
Period/Yearly Period/Yearly null null A_Period
numeric(10) NOT NULL
Integer
Type Type null null A_Table_Rate_Type
character varying(2)
List
Rate Rate null null A_Depreciation_Rate
numeric NOT NULL
Number
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No


Contributions / Posts