妥当性検証ルール (ウィンドウ ID-103)

提供: iDempiere ja
Jump to navigation Jump to search



ウィンドウ: 妥当性検証ルール

説明: カラムとフィールドのための動的な妥当性検証ルールをメンテナンスします。

助ける: 妥当性検証ルールウィンドウは、カラムとフィールドを入力、メンテナンスするとき使用されるすべての動的なルールを定義します。このウィンドウはシステム管理者だけが使用します。



TAB: 妥当性検証

説明: 妥当性検証規則


助ける 妥当性検証ルールタブは、カラムとフィールドを入力、メンテナンスする時に使用される、すべての動的な規則を定義します。


ファイル:妥当性検証ルール - 妥当性検証 - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Dynamic Validation 動的妥当性検証 動的妥当性検証ルールです。 これらのルールは入力情報が有効かどうかを決定するために使います。妥当性検証のために変数を使うことが出来ます。 AD_Val_Rule_ID
numeric(10) NOT NULL
ID
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Name 名前 Alphanumeric identifier of the entity The name of an entity (record) is used as an default search option in addition to the search key. The name is up to 60 characters in length. Name
character varying(60) NOT NULL
String
Description 説明 レコードの任意の短い説明です。 説明は、255文字に制限されます。 Description
character varying(255)
String
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No
Entity Type 実体タイプ Dictionary Entity Type; Determines ownership and synchronization The Entity Types "Dictionary", "Adempiere" and "Application" might be automatically synchronized and customizations deleted or overwritten.

For customizations, copy the entity and select "User"!

EntityType
character varying(40) NOT NULL
Table
Type タイプ Type of Validation (SQL, Java Script, Java Language) The Type indicates the type of validation that will occur. This can be SQL, Java Script or Java Language. Type
character(1)
List
Validation code 検証コード 検証コード 検証コードは、エラーに関する日付、時間、およびメッセージを表示します。 Code
character varying(2000)
Text




TAB: カラム内で使用

説明: カラムで使用されます。(参照)


助ける null


ファイル:妥当性検証ルール - カラム内で使用 - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Table テーブル フィールドの情報が入ったテーブルです。 テーブルは、フィールドが存在するテーブルを示しています。 AD_Table_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
DB Column Name DBカラム名 データベースのカラムの名前です。 カラム名はデータベースで定義されたテーブル内で1つのカラムの名前を示します。 ColumnName
character varying(30) NOT NULL
String
System Element システムエレメント システムエレメントは、カラムの説明とヘルプを、集中メンテナンスできるようにします。 システムエレメントは、ヘルプ・説明・用語など、データベースカラムの集中管理を可能にします。 AD_Element_ID
numeric(10)
Search
Name 名前 Alphanumeric identifier of the entity The name of an entity (record) is used as an default search option in addition to the search key. The name is up to 60 characters in length. Name
character varying(60) NOT NULL
String
Description 説明 レコードの任意の短い説明です。 説明は、255文字に制限されます。 Description
character varying(255)
String
Comment/Help コメント/ヘルプ コメントまたはヒント ヘルプフィールドは、この項目の使用に関してヒント、コメントまたはヘルプを含んでいます。 Help
character varying(2000)
Text
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No
Length 長さ データベースのカラムの長さ 長さはデータベースで定義される1つのカラムの長さを示します。 FieldLength
numeric(10)
Integer
Reference 参照 システム参照です。(リストを選んでください) 参照は、参照フィールドのタイプです。 AD_Reference_ID
numeric(10) NOT NULL
Table
Reference Key 参照キー データタイプがテーブルかリストだった場合に、データを特定するために参照キーが必要です。 参照値は、基準値がどこに保存されているかを表します。 データ型がテーブルかリストならそれを指定しなければなりません。 AD_Reference_Value_ID
numeric(10)
Table
Dynamic Validation 動的妥当性検証 動的妥当性検証ルールです。 これらのルールは入力情報が有効かどうかを決定するために使います。妥当性検証のために変数を使うことが出来ます。 AD_Val_Rule_ID
numeric(10)
Table Direct


Contributions / Posts