入荷伝票

提供: iDempiere ja
Jump to navigation Jump to search

 iDempiereでは入荷の管理を「入荷伝票(Material Receipt)」と「入出荷確認伝票(Ship/Receipt Confirm)」を使用して行う。入荷伝票を完成させる事により、在庫数が増加する。そのため在庫管理を行う品目については入荷伝票の作成は必須である。入荷伝票は必ず倉庫単位で作成される。これは入荷が倉庫という特定の場所で行われる作業であり、入荷伝票の作成はその倉庫の担当者が行う事を想定しているためである。


入荷伝票(Material Receipt)タブ

 入荷伝票タブでは、主に仕入先(入荷先)となる「取引先(Business Partner )」 と、入荷する「倉庫(Warehouse)」の情報を入力する。「移動日付(Movement Date)」は入荷日を意味し、この日に在庫が増えた事になる。 「転記日付(Account Date )」は、会計帳簿への記帳日付を意味し、入荷伝票の自動仕訳がどの会計期間に属するのか決定する。「移動タイプ(Movement Type)」は読取専用フィールドで変更する事はできないが、入荷伝票には「入荷(V+:Vendort Receipts)」が割り当てられており、在庫取引管理台帳に記帳するキー情報となる。

Material Receipt.jpg


入荷伝票明細(Receipt Line)タブ

 入荷伝票明細タブでは、主に、「保管場所」、「品目」、「入力数量」を入力する。

Receipt Line.gif


Original Page

Compiere Distribution Lab -> iDempiere Lab -> 標準業務機能 -> 購買管理 -> 入荷伝票