テーブルとカラム (ウィンドウ ID-100)

提供: iDempiere ja
Jump to navigation Jump to search



ウィンドウ: テーブルとカラム

説明: テーブルとカラムをメンテナンスします。

助ける: テーブルとカラムウィンドウは、すべてのテーブルとテーブル内のカラムを定義します。



TAB: テーブル

説明: テーブル定義


助ける テーブル(ヘッダー)定義 - ほとんどのテーブルの名前が、自動的に同期化されることに注意してください。


ファイル:テーブルとカラム - テーブル - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
DB Table Name DBテーブル名 Name of the table in the database The DB Table Name indicates the name of the table in database. TableName
character varying(40) NOT NULL
String
Name 名前 Alphanumeric identifier of the entity The name of an entity (record) is used as an default search option in addition to the search key. The name is up to 60 characters in length. Name
character varying(60) NOT NULL
String
Description 説明 レコードの任意の短い説明です。 説明は、255文字に制限されます。 Description
character varying(255)
String
Comment/Help コメント/ヘルプ コメントまたはヒント ヘルプフィールドは、この項目の使用に関してヒント、コメントまたはヘルプを含んでいます。 Help
character varying(2000)
Text
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No
View 表示 This is a view This is a view rather than a table. A view is always treated as read only in the system. IsView
character(1) NOT NULL
Yes-No
Data Access Level データ・アクセスレベル 必要なアクセスレベルです。 このレコード、またはプロセスに必要なアクセスレベルを示します。 AccessLevel
character(1) NOT NULL
List
Maintain Change Log 変更ログをメンテナンス Maintain a log of changes If selected, a log of all changes is maintained. IsChangeLog
character(1) NOT NULL
Yes-No
Replication Type 複製タイプ Type of Data Replication The Type of data Replication determines the directon of the data replication.

Reference means that the data in this system is read only ->
Local means that the data in this system is not replicated to other systems -
Merge means that the data in this system is synchronized with the other system <->

ReplicationType
character(1) NOT NULL
List
Window ウィンドウ データエントリーか表示ウィンドウです。 ウィンドウフィールドは、システムで一意に決まるウィンドウを特定します。 AD_Window_ID
numeric(10)
Table Direct
PO Window 発注ウィンドウ Purchase Order Window Window for Purchase Order (AP) Zooms PO_Window_ID
numeric(10)
Table
Records deletable レコード削除可能 データベースからレコードを削除することができるかどうかを示します。 レコード削除可能チェックボックスは、データベースからレコードを削除することができるかどうかを示します。 レコードを削除することができないなら、アクティブフラグを消す選択することができるだけです。 IsDeleteable
character(1) NOT NULL
Yes-No
High Volume 高いボリューム Use Search instead of Pick list The High Volume Checkbox indicates if a search screen will display as opposed to a pick list for selecting records from this table. IsHighVolume
character(1) NOT NULL
Yes-No
Entity Type 実体タイプ Dictionary Entity Type; Determines ownership and synchronization The Entity Types "Dictionary", "Adempiere" and "Application" might be automatically synchronized and customizations deleted or overwritten.

For customizations, copy the entity and select "User"!

EntityType
character varying(40) NOT NULL
Table
Create Columns from DB DBからカラムを作成 カラムとしては存在していませんがデータベース内に存在している辞書カラムのテーブルを作成します。 このテーブルへデータベースのカラムを加えたなら、この処理は辞書内のカラムレコードを作成します。もしエンティティタイプがユーザーにセットされていないなら、削除されてしまうことに気をつけてください。 ImportTable
character(1)
Button
Copy Columns from Table Copy Columns from Table Create Dictionary Columns for a Table taking another as base null CopyColumnsFromTable
character varying(1)
Button
Centrally maintained 集中管理 要素テーブルで保守された情報です。 集中管理チェックボックスは、名前、説明、およびヘルプが、'システム要素'のテーブルか'ウィンドウ'テーブルでメンテナンスされるかどうかを示します。 IsCentrallyMaintained
character(1)
Yes-No




TAB: テーブル翻訳

説明: テーブル翻訳


助ける 多くのテーブル名は自動的に上書き、または翻訳されることに注意してください。


ファイル:テーブルとカラム - テーブル翻訳 - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Table テーブル フィールドの情報が入ったテーブルです。 テーブルは、フィールドが存在するテーブルを示しています。 AD_Table_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Language 言語 この事業主体のための言語です。 言語は表示と形式に使用する言語を特定します。 AD_Language
character varying(6) NOT NULL
Table
Name 名前 Alphanumeric identifier of the entity The name of an entity (record) is used as an default search option in addition to the search key. The name is up to 60 characters in length. Name
character varying(60) NOT NULL
String
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No
Translated 翻訳済み このカラムは翻訳済みです。 翻訳済みチェックボックスは、このカラムが翻訳されるかどうかを示します。 IsTranslated
character(1) NOT NULL
Yes-No




TAB: カラム

説明: テーブルカラム定義


助ける テーブルに関するカラムを定義します。カラムの名前が、自動的に同期化されることに注意してください。


ファイル:テーブルとカラム - カラム - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Table テーブル フィールドの情報が入ったテーブルです。 テーブルは、フィールドが存在するテーブルを示しています。 AD_Table_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
DB Column Name DBカラム名 データベースのカラムの名前です。 カラム名はデータベースで定義されたテーブル内で1つのカラムの名前を示します。 ColumnName
character varying(30) NOT NULL
String
Column SQL カラムSQL Virtual Column (r/o) You can define virtual columns (not stored in the database). If defined, the Column name is the synonym of the SQL expression defined here. The SQL expression must be valid.

Example: "Updated-Created" would list the age of the entry in days

ColumnSQL
character varying(2000)
String
System Element システムエレメント システムエレメントは、カラムの説明とヘルプを、集中メンテナンスできるようにします。 システムエレメントは、ヘルプ・説明・用語など、データベースカラムの集中管理を可能にします。 AD_Element_ID
numeric(10)
Search
Name 名前 Alphanumeric identifier of the entity The name of an entity (record) is used as an default search option in addition to the search key. The name is up to 60 characters in length. Name
character varying(60) NOT NULL
String
Description 説明 レコードの任意の短い説明です。 説明は、255文字に制限されます。 Description
character varying(255)
String
Comment/Help コメント/ヘルプ コメントまたはヒント ヘルプフィールドは、この項目の使用に関してヒント、コメントまたはヘルプを含んでいます。 Help
character varying(2000)
Text
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No
Version バージョン Version of the table definition The Version indicates the version of this table definition. Version
numeric NOT NULL
Amount
Length 長さ データベースのカラムの長さ 長さはデータベースで定義される1つのカラムの長さを示します。 FieldLength
numeric(10)
Integer
Reference 参照 システム参照です。(リストを選んでください) 参照は、参照フィールドのタイプです。 AD_Reference_ID
numeric(10) NOT NULL
Table
Dynamic Validation 動的妥当性検証 動的妥当性検証ルールです。 これらのルールは入力情報が有効かどうかを決定するために使います。妥当性検証のために変数を使うことが出来ます。 AD_Val_Rule_ID
numeric(10)
Table Direct
Value Format 値の形式 Format of the value; Can contain fixed format elements, Variables: "_lLoOaAcCa09" Validation elements:
	(Space) any character

_ Space (fixed character) l any Letter a..Z NO space L any Letter a..Z NO space converted to upper case o any Letter a..Z or space O any Letter a..Z or space converted to upper case a any Letters & Digits NO space A any Letters & Digits NO space converted to upper case c any Letters & Digits or space C any Letters & Digits or space converted to upper case 0 Digits 0..9 NO space 9 Digits 0..9 or space

Example of format "(000)_000-0000"

VFormat
character varying(60)
String
Autocomplete Autocomplete Automatic completion for textfields The autocompletion uses all existing values (from the same client and organization) of the field. IsAutocomplete
character(1) NOT NULL
Yes-No
Format Pattern Format Pattern The pattern used to format a number or date. A string complying with either Java SimpleDateFormat or DecimalFormat pattern syntax used to override the default presentation format of a date or number type field. FormatPattern
character varying(22)
String
Process プロセス プロセスまたはレポートです。 プロセスフィールドはシステム内のプロセスまたはレポートを特定します。 AD_Process_ID
numeric(10)
Table Direct
Reference Key 参照キー データタイプがテーブルかリストだった場合に、データを特定するために参照キーが必要です。 参照値は、基準値がどこに保存されているかを表します。 データ型がテーブルかリストならそれを指定しなければなりません。 AD_Reference_Value_ID
numeric(10)
Table
Info Factory Class Info Factory Class Fully qualified class name that implements the InfoFactory interface Fully qualified class name that implements the InfoFactory interface. This can be use to provide custom Info class for column. InfoFactoryClass
character varying(255)
String
Min. Value 最小値 Minimum Value for a field The Minimum Value indicates the lowest allowable value for a field. ValueMin
character varying(20)
String
Max. Value 最大値 Maximum Value for a field The Maximum Value indicates the highest allowable value for a field ValueMax
character varying(20)
String
Default Logic デフォルトの仕組み デフォルト値階層構造、区切り文字 デフォルトは、注文定義の中で評価されて、最初のNULL値ではないカラムがデフォルト値になります。値は、カンマかセミコロンで区切られます。(a)文字:. ’文字’または 123 (b) 変数 @Variable@ という形式 - ログイン 例、#Date, #AD_Org_ID, #AD_Client_ID 会計スキーマ 例、$C_AcctSchema_ID, $C_Calendar_ID システム共通のデフォルト:例、日付フォーマット - ウィンドウの値(すべてのチェックボックス、ラジオボタン、日付文書/日付会計) (c) タグつきSQLコード:@SQL=SELECT 「デフォルトの値」 FROM ... SQL文は、変数を持てます。

SQL文以外の値は持てません。デフォルトは、ユーザー個別の設定がない場合のみ評価されます。デフォルト定義は、ボタンと同じようにキー、親、クライアントとしてレコードカラムのために無視されます。

DefaultValue
character varying(2000)
Text
Key column キーカラム このカラムはこのテーブルのキーです。 キーカラムはフィールド定義で表示連続番号が0です。また、非表示になることがあります。 IsKey
character(1) NOT NULL
Yes-No
Parent link column 親リンクカラム このカラムは親テーブル(例えば、連続番号からのヘッダー)へのリンクです--incl。 関連付けキーカラム 親チェックボックスは、このカラムが親テーブルへのリンクであるかどうかを示します。 IsParent
character(1) NOT NULL
Yes-No
Mandatory 必須 データエントリーがこのカラムで必須です。 フィールドには、データベースで保存されるために、値が必ずなければなりません。 IsMandatory
character(1) NOT NULL
Yes-No
Updatable 更新可能 フィールドが更新可能かどうかを決定します。 更新可能チェックボックスは、ユーザーがフィールドを更新することができるかどうかを示します。 IsUpdateable
character(1) NOT NULL
Yes-No
Column Encryption カラム暗号化 カラム暗号化をテスト、有効化します。 ストレージ暗号の有効化/無効化は、データを消失する可能性があるので危険です。カラムが、暗号化されたデータを格納するのに十分な長さを持っているかを確認してください。独自の暗号化方法を利用することが出来ますが、1度有効にすると変更できません。

デフォルトの実装は、US ASCII文字列変換をサポートします。(Unicode、Numbers、日付はありません)

サポートは、データ回復ではなく、セットアップとテストに制限されることに注意してください。

IsEncrypted
character(1) NOT NULL
Button
Always Updateable 常に更新可能 The column is always updateable, even if the record is not active or processed If selected and if the winow / tab is not read only, you can always update the column. This might be useful for comments, etc. IsAlwaysUpdateable
character(1) NOT NULL
Yes-No
Read Only Logic 読み取り専用ロジック Logic to determine if field is read only (applies only when field is read-write) format := {expression} [{logic} {expression}]

expression := @{context}@{operand}{value} or @{context}@{operand}{value}
logic := {|}|{&}
context := any global or window context
value := strings or numbers
logic operators := AND or OR with the previous result from left to right
operand := eq{=}, gt{>}, le{<}, not{~^!}
Examples:
@AD_Table_ID@=14 | @Language@!GERGER
@PriceLimit@>10 | @PriceList@>@PriceActual@
@Name@>J
Strings may be in single quotes (optional)

ReadOnlyLogic
character varying(2000)
Text
Mandatory Logic Mandatory Logic null null MandatoryLogic
character varying(2000)
Text
Identifier 識別子 このカラムはレコード識別名の一部です。 識別子チェックボックスは、このカラムがこのテーブルのための識別子かキーの一部であることを示します。 IsIdentifier
character(1) NOT NULL
Yes-No
Sequence 連続番号 Method of ordering records; lowest number comes first The Sequence indicates the order of records SeqNo
numeric(10)
Integer
Callout 呼び出し 完全修飾クラス名とメソッド - セミコロンで切り離されます。 呼び出し(callout)は、値が変更した後にいつでも実行できるタスクを登録するために、Javaで書かれたプログラムを作成出来ます。呼び出しは、妥当性検証のために使われるべきではなく、ユーザーは確かな値を選択してから使われるべきです。

呼び出しは、org.compiere.model.Calloutを実装したJavaクラスです。例: "org.compiere.model.CalloutRequest.copyText" クラスをインスタンス化 "CalloutRequest" そして、 "copyText" を呼び出します。セミコロンで切り離すことによって、複数のcalloutsを持つことができます。

Callout
character varying(255)
String
Selection Column 選択カラム Is this column used for finding rows in windows If selected, the column is listed in the first find window tab and in the selection part of the window IsSelectionColumn
character(1) NOT NULL
Yes-No
Selection Column Sequence Selection Column Sequence Selection Column Sequence For ordering sequence of selection column SeqNoSelection
numeric(10)
Integer
Translated 翻訳済み このカラムは翻訳済みです。 翻訳済みチェックボックスは、このカラムが翻訳されるかどうかを示します。 IsTranslated
character(1) NOT NULL
Yes-No
Entity Type 実体タイプ Dictionary Entity Type; Determines ownership and synchronization The Entity Types "Dictionary", "Adempiere" and "Application" might be automatically synchronized and customizations deleted or overwritten.

For customizations, copy the entity and select "User"!

EntityType
character varying(40) NOT NULL
Table
Allow Logging Allow Logging Determine if a column must be recorded into the change log null IsAllowLogging
character(1)
Yes-No
Allow Copy Allow Copy Determine if a column must be copied when pushing the button to copy record null IsAllowCopy
character(1) NOT NULL
Yes-No
Synchronize Column カラムを同期 アプリケーション辞書からデータベーステーブルの定義を変更します。 これを選択すると、アプリケーション辞書のカラム定義にある、エントリーに基づいて、データベースカラム定義を更新します。 すべての変更がデータベースによってサポートされているとは限らないので、エラーになる可能性があることに注意してください。 IsSyncDatabase
character(1)
Button




TAB: カラム翻訳

説明: カラム翻訳


助ける 翻訳しないでください。自動的に上書き/翻訳されます。


ファイル:テーブルとカラム - カラム翻訳 - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Column カラム テーブルのカラムです。 テーブルに関するデータベースカラムにリンクしてください。 AD_Column_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Language 言語 この事業主体のための言語です。 言語は表示と形式に使用する言語を特定します。 AD_Language
character varying(6) NOT NULL
Table
Name 名前 Alphanumeric identifier of the entity The name of an entity (record) is used as an default search option in addition to the search key. The name is up to 60 characters in length. Name
character varying(60) NOT NULL
String
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No
Translated 翻訳済み このカラムは翻訳済みです。 翻訳済みチェックボックスは、このカラムが翻訳されるかどうかを示します。 IsTranslated
character(1) NOT NULL
Yes-No




TAB: Used in Field

説明: null


助ける null


ファイル:テーブルとカラム - Used in Field - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Tab タブ ウィンドウ内のタブです。 タブはウィンドウ内に表示されるタブを示しています。 AD_Tab_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Field フィールド データベーステーブルのフィールドです。 フィールドはデータベーステーブルのフィールド特定します。 AD_Field_ID
numeric(10) NOT NULL
ID
Name 名前 Alphanumeric identifier of the entity The name of an entity (record) is used as an default search option in addition to the search key. The name is up to 60 characters in length. Name
character varying(60) NOT NULL
String




TAB: Table Script Validator

説明: null


助ける null


ファイル:テーブルとカラム - Table Script Validator - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Table テーブル フィールドの情報が入ったテーブルです。 テーブルは、フィールドが存在するテーブルを示しています。 AD_Table_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Event Model Validator Event Model Validator null null EventModelValidator
character varying(4) NOT NULL
List
Rule Rule null null AD_Rule_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Sequence 連続番号 Method of ordering records; lowest number comes first The Sequence indicates the order of records SeqNo
numeric(10) NOT NULL
Integer
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No


Contributions / Posts