ウィンドウのカスタマイズ (ウィンドウ ID-229)

提供: iDempiere ja
Jump to navigation Jump to search



ウィンドウ: ウィンドウのカスタマイズ

説明: Define Window Customization for Role/User

助ける: The customization values defined here overwrite/replace the default system definition if defined.



TAB: ウィンドウのカスタマイズ

説明: null


助ける null


ファイル:ウィンドウのカスタマイズ - ウィンドウのカスタマイズ - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Role 役割 ログイン権限を表します。 役割はセキュリティ、およびアクセス権限を決定するために使われます。 AD_Role_ID
numeric(10)
Table Direct
User/Contact ユーザー/連絡先 システムの中のユーザーです。内部のユーザー、ビジネスパートナーです。 ユーザーはシステムで一意に決まるユーザーを特定します。これは、内部のユーザー、またはビジネスパートナーです。 AD_User_ID
numeric(10)
Table Direct
Window ウィンドウ データエントリーか表示ウィンドウです。 ウィンドウフィールドは、システムで一意に決まるウィンドウを特定します。 AD_Window_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No
Name 名前 Alphanumeric identifier of the entity The name of an entity (record) is used as an default search option in addition to the search key. The name is up to 60 characters in length. Name
character varying(60)
String
Description 説明 レコードの任意の短い説明です。 説明は、255文字に制限されます。 Description
character varying(255)
String
Comment/Help コメント/ヘルプ コメントまたはヒント ヘルプフィールドは、この項目の使用に関してヒント、コメントまたはヘルプを含んでいます。 Help
character varying(2000)
Text
Language 言語 この事業主体のための言語です。 言語は表示と形式に使用する言語を特定します。 AD_Language
character varying(6)
Table
Default デフォルト Default value The Default Checkbox indicates if this record will be used as a default value. IsDefault
character(1) NOT NULL
Yes-No
Read Only 読み取り専用 フィールドは読み取り専用です。 Read Onlyは、このフィールドが読み取りのみが出来ることを示します。これらは更新されません。 IsReadOnly
character(1) NOT NULL
Yes-No
User updatable ユーザー更新可能 ユーザーはフィールドを更新することができます。 ユーザー更新可能チェックボックスは、ユーザーがこのフィールドを更新することができるかどうかを示します。 IsUserUpdateable
character(1) NOT NULL
Yes-No




TAB: タブのカスタマイズ

説明: null


助ける null


ファイル:ウィンドウのカスタマイズ - タブのカスタマイズ - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
User defined Window ユーザー定義ウィンドウ null null AD_UserDef_Win_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Tab タブ ウィンドウ内のタブです。 タブはウィンドウ内に表示されるタブを示しています。 AD_Tab_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No
Multi Row Only 複数行のみ This applies to Multi-Row view only null IsMultiRowOnly
character(1) NOT NULL
Yes-No
Name 名前 Alphanumeric identifier of the entity The name of an entity (record) is used as an default search option in addition to the search key. The name is up to 60 characters in length. Name
character varying(60)
String
Description 説明 レコードの任意の短い説明です。 説明は、255文字に制限されます。 Description
character varying(255)
String
Comment/Help コメント/ヘルプ コメントまたはヒント ヘルプフィールドは、この項目の使用に関してヒント、コメントまたはヘルプを含んでいます。 Help
character varying(2000)
Text
Single Row Layout 1行レイアウト 行表示の際に表示を1行にするか複数行にするかを決定します。 行表示の際に表示を1行にするか複数行にするかを決定します。 IsSingleRow
character(1) NOT NULL
Yes-No
Read Only 読み取り専用 フィールドは読み取り専用です。 Read Onlyは、このフィールドが読み取りのみが出来ることを示します。これらは更新されません。 IsReadOnly
character(1) NOT NULL
Yes-No
Read Only Logic 読み取り専用ロジック Logic to determine if field is read only (applies only when field is read-write) format := {expression} [{logic} {expression}]

expression := @{context}@{operand}{value} or @{context}@{operand}{value}
logic := {|}|{&}
context := any global or window context
value := strings or numbers
logic operators := AND or OR with the previous result from left to right
operand := eq{=}, gt{>}, le{<}, not{~^!}
Examples:
@AD_Table_ID@=14 | @Language@!GERGER
@PriceLimit@>10 | @PriceList@>@PriceActual@
@Name@>J
Strings may be in single quotes (optional)

ReadOnlyLogic
character varying(2000)
String




TAB: フィールドのカスタマイズ

説明: null


助ける null


ファイル:ウィンドウのカスタマイズ - フィールドのカスタマイズ - ウィンドウ (iDempiere 1.0.0).png




名前 名前 説明 助ける 仕様書
Client クライアント このインストールのためのクライアント/テナントです。 クライアントは会社または法人です。 クライアントの間のデータは共有することができません。 テナントはクライアントの同義語です。 AD_Client_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Organization 組織 クライアントの中の組織的な実体です。 組織は、クライアントまたは法人の単位です。-- 例えば店、部です。 組織の間のデータは共有することができます。 AD_Org_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
User defined Tab ユーザー定義タブ null null AD_UserDef_Tab_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Field フィールド データベーステーブルのフィールドです。 フィールドはデータベーステーブルのフィールド特定します。 AD_Field_ID
numeric(10) NOT NULL
Table Direct
Name 名前 Alphanumeric identifier of the entity The name of an entity (record) is used as an default search option in addition to the search key. The name is up to 60 characters in length. Name
character varying(60)
String
Description 説明 レコードの任意の短い説明です。 説明は、255文字に制限されます。 Description
character varying(255)
String
Active アクティブ レコードはシステムでアクティブです。 レコードをシステムで使用不可にするには、2つの方法があります:1つはレコードを削除することで、もう1つは、レコードを不活性化することです。不活性のレコードは選択できません。しかし、レポートには利用可能です。

不活性にする理由は2つあります:

(1) システムは監査目的のためのレコードを必要とします。

(2) レコードは他のレコードによって参照されます。このパートナーレコードのための存在する請求書があれば、例えば、ビジネスパートナーを削除することはできません。ビジネスーパートナーを不活性化することで、それを防ぎます。このレコードは将来のエントリーに使用されます。

IsActive
character(1) NOT NULL
Yes-No
Comment/Help コメント/ヘルプ コメントまたはヒント ヘルプフィールドは、この項目の使用に関してヒント、コメントまたはヘルプを含んでいます。 Help
character varying(2000)
Text
Displayed 表示済み フィールドが表示されるかどうかを決定します。 実際に表示される場合は、実行時にどのような表示方法をとるかが決定されます。 IsDisplayed
character(1) NOT NULL
Yes-No
Display Length 表示文字数 文字表示の長さです。 表示文字数は、主にStringフィールドのためのものです。整数型や数値型の場合は、表示文字数は、影響がありません。(長さはシステムによって決められます)はい・いいえ(チェックボックス)リスト、テーブル、テーブルディレクトリ(コンポボックスの長さは内容によって決められます) DisplayLength
numeric(10) NOT NULL
Integer
Display Logic 表示の仕組み フィールドが表示されるなら、結果はフィールドが実際に表示されるかどうかを決定します。 format := {expression} [{logic} {expression}]

expression := @{context}@{operand}{value} or @{context}@{operand}{value}
logic := {|}|{&}
context := any global or window context
value := strings or numbers
logic operators := AND or OR with the previous result from left to right
operand := eq{=}, gt{>}, le{<}, not{~^!}
Examples:
@AD_Table_ID@=14 | @Language@!GERGER
@PriceLimit@>10 | @PriceList@>@PriceActual@
@Name@>J
Strings may be in single quotes (optional)

DisplayLogic
character varying(2000) NOT NULL
String
Read Only 読み取り専用 フィールドは読み取り専用です。 Read Onlyは、このフィールドが読み取りのみが出来ることを示します。これらは更新されません。 IsReadOnly
character(1) NOT NULL
Yes-No
Updatable 更新可能 フィールドが更新可能かどうかを決定します。 更新可能チェックボックスは、ユーザーがフィールドを更新することができるかどうかを示します。 IsUpdateable
character(1) NOT NULL
Yes-No
Sequence 連続番号 Method of ordering records; lowest number comes first The Sequence indicates the order of records SeqNo
numeric(10) NOT NULL
Integer
Same Line 同じ詳細 前のフィールドと同じ連続番号で表示します。 同じ詳細チェックボックスは、フィールドが前のフィールドと同じ連続番号で表示されるかどうか示します。 IsSameLine
character(1) NOT NULL
Yes-No
Record Sort No レコード並び替え番号 Determines in what order the records are displayed The Record Sort No indicates the ascending sort sequence of the records. If the number is negative, the records are sorted descending.

Example: A tab with C_DocType_ID (1), DocumentNo (-2) will be sorted ascending by document type and descending by document number (SQL: ORDER BY C_DocType, DocumentNo DESC)

SortNo
numeric(10) NOT NULL
Integer
Default Logic デフォルトの仕組み デフォルト値階層構造、区切り文字 デフォルトは、注文定義の中で評価されて、最初のNULL値ではないカラムがデフォルト値になります。値は、カンマかセミコロンで区切られます。(a)文字:. ’文字’または 123 (b) 変数 @Variable@ という形式 - ログイン 例、#Date, #AD_Org_ID, #AD_Client_ID 会計スキーマ 例、$C_AcctSchema_ID, $C_Calendar_ID システム共通のデフォルト:例、日付フォーマット - ウィンドウの値(すべてのチェックボックス、ラジオボタン、日付文書/日付会計) (c) タグつきSQLコード:@SQL=SELECT 「デフォルトの値」 FROM ... SQL文は、変数を持てます。

SQL文以外の値は持てません。デフォルトは、ユーザー個別の設定がない場合のみ評価されます。デフォルト定義は、ボタンと同じようにキー、親、クライアントとしてレコードカラムのために無視されます。

DefaultValue
character varying(2000)
String


Contributions / Posts