翻訳定義ファイルのインストール

提供: iDempiere ja
移動先: 案内検索


作業概要

翻訳ファイル(Translation Package) の取り込み方法を以下に記載します。


翻訳ファイルの取り込み準備

手順1) ログインウィンドウのConnectionタブに以下入力を行い、OKボタンをクリック

※クライアント作成の結果生成されるユーザの初期パスワードはユーザ名と同一の文字列となります。


ログインウィンドウ(Connectionタブ)の入力
項目 設定値
Server (インストールしたコンピュータ)
User ID "System"
Password (Systemユーザのパスワード。デフォルトは"System")
Language "English"


手順2) ログインウィンドウのDefaultsタブに下記入力を行い、OKボタンをクリック

ログインウィンドウ(Defaultsタブ)の入力
項目 設定値
Role "System Administrator"
Client "System"
Organization "*"
Warehouse <blank>


手順3) Menu | System Admin | General Rules | System Rules | Languageを開き、Nameから"Japanese(Japan)"のレコードを選択する。


Languageウィンドウ(Languageタブ)


手順4) System Languageをチェックの上、Language Maintenanceボタンをクリック。

手順5) 出力されるLanguage TranslationウィンドウのMaintenance Modeから、Add Missing Translationsを選択の上、OKボタンをクリック。


Language Maintenanceウィンドウ


Language Maintenanceの入力項目
Maintenance Mode 内容
Add Missing Translations 翻訳定義の追加取り込み
Delete Translations 翻訳定義の削除 (日本語定義をリセットするにはこちらを選択)
Re-create Translations 翻訳定義の再設定 (要確認)

翻訳ファイルのインポート

手順1) SourceForge.jpのiDempiereプロジェクトから日本語用翻訳ファイルをダウンロードする。

手順2) Menu | System Admin | General Rules | System Rules | Translation Import/Exportを開く。


手順3) LanguageからJapanese(Japan)を選び、Importボタンをクリック。


Transtion Import/Exportウィンドウ


手順4) 日本語用翻訳ファイルの格納フォルダを選択し、開くをクリック。

手順5) Menu | System Admin | General Rules | System Rules | Synchronize Terminologyを選択し、プロセスを実行する。